「あ、美鈴!」

 そんなわたしの気持ちなんて知らない高木原さんは、わたしに気付いたようで、ニコやかな笑顔を向けて手を振ってくれた。

「……すみません。遅くなってしまって」

「いや、俺が早く着きすぎてしまっだけだから。気にしないで?」

 そう言われても、気になってしまうよ。だってさっきから、女の子たちがずっと高木原さんのことを見ているから。 隣にいるのがわたしみたいな女で、本当に申し訳ない……。

「さ、行こうか。美鈴」

「……はい」 

 そう言われて繋がられたその手は、大きくて温かい。気持ちのいい温もりだ。この手を握られると、本当に心までホッとする。

 こんな気持ちになるなんて……。わたしは本当に、どうかしている。だってわたし、まだ高木原さんとは付き合い始めたばかりなのに。

「美鈴、今日の服も可愛いね。後メイクもいつもとちょっと違うね。可愛いよ」

「本当ですか?ありがとうございます」

 着ている服を褒められるのは嬉しいし、メイクを変えたことにも気付いてくれたのも嬉しい。まさかメイクまで気付いてくれるとは、思ってなかったから。