「……じゃあ、気を付けて帰って?美鈴」

「は、はいっ。じゃあ、失礼します!」

 わたしは梓さんに背を向けて、少し早足で歩き出した。だけどすぐに立ち止まった。そして唇にそっと触れてみる。

「……どうしよう」

 キス、してしまった……。その、流れもあったとはいえ、キスしてしまった……。まだ心臓がバクバクしている。ドキドキして、顔が赤い。

 そんな気持ちになりながら家の玄関を開けると、すでに玄関の鍵は開いていた。どうやらお母さんは帰っていたようだった。  
 
「ただいまぁ」

「あら、おかえりなさい」

「お母さん、帰ってたんだ」

「ええ。20分位前にね」

 お母さんは朝干した洗濯物を部屋の中に取り込んでいた。

「どうだった?高木原さんとのデート」

「えっ!?」

 いきなりそう聞かれたわたしは、ドキマギしてしまった。

「なに?どうしたの?」

「う、ううん!別にっ」

 さっきキスしてしまったことを思い出して、急に恥ずかしくなった。まださっきの感触が残っている。

「そう? ま、楽しかったみたいね?」