昨日の夕方、堂貫とまともに対面したことがはじめてであれば、話したこともはじめてだ。

あのとき交わした会話は、智奈の認識からすると、厳密に云えば約束とは違う。

何かあれば相談相手になってくれる人がいる、とそんな気持ちで安心して、けれど、そうするときは本当に切羽詰まったときだと思っていた。


 片方で、堂貫には約束という気持ちがあって、なお且つ、積極的に智奈に関わろうという意思があったのだろうか。

 そうだとしたら、なぜ、そこまで智奈をかまうのだろう。

 ――ううん、ちょっと待って。

 智奈ははたと気づいた。


「あの、堂貫オーナーはわたしが……その、ホストクラブに通ってるのを知ってるってことですか」


 そうでなければ、“約束”した当日、たまたまシンジが悪事を働いた日に智奈を助けるなど、そんな芸当ができるはずはない。

もしくは、尾行していたか。

いずれにしろ、堂貫はイメージどおりに行動は早い。