堂貫と補佐の長友聡士(ながともさとし)がエレベーターの前で立ち止まったところに、智奈は間に合った。

「あの!」

 呼びかけた声は、意外にエレベーターホールから廊下へと響き渡った。

 堂貫たちがおもむろに振り向き、智奈は少し身をすくめると、すみません、と一礼をした。

「あの、話しておきたいことがあるんですけど、お時間を少しいただけますか」

「いま?」

 堂貫は首をひねりながら問う。

「はい。いまのうちに考え直してもらったほうがいいと思うので……」

「考え直す? 何を?」

 せっかちなのか、時間が惜しいのか、堂貫は智奈をさえぎった。

「わたしは、会社をやめることになると思います。だから……」

「川上課長は、そんなことはひと言も云っていなかったが……『やめることになる』というのは、きみの意志じゃないということか?」

 智奈は密かに驚く。

堂貫は智奈の言葉を正確に捉えていた。