「わ、私は! 家を守るために」
「知ってる。でも、それが間違いだって言ってるの――女神のスキルは、その人の願いに応じて授かるんだよ。私は、皆を守りたかった。きっと、他に”硬化”のスキルを授かった人もそう――外れスキルなんて、存在しない」

 リーゼは、それきり公爵に背を向けた。これ以上、何を言っても無駄だろう。

「リーゼロッテ・クラウスナー」
「……はい」

 国王が、リーゼを新しい名前で呼ぶ。リーゼは、深々と頭を下げた。

「我々を守ってくれたことに感謝する――また、王宮に来てもらいたいものだ」
「王様が、リーゼを必要とすることがあればね」

 “私”から”リーゼ”へと戻る。リーゼが拒みたかったのは、公爵だけだからだ。

「主、デリモに帰ろう」

 近づいて来たシドが、リーゼの頬を舐める。濡れた感触に、ざわざわしていたリーゼの心がほっとした。

「うん、帰ろう――いいよね、皆」



 仲間達が、一斉にリーゼを取り囲む。公爵が何か言っていたけれど、リーゼの耳には届かなかった。