夏休みに入って1週間。

勉強だけが取り柄のわたしは、この1週間で夏休みの課題をほぼ終わらせていた。

ふと時計に目をやると、世で言うおやつの時間に近づいていた。

「行かなきゃ」

今日は空くんが来る日だ。土曜日のお昼過ぎは必ずと言っていいほど、いつもの公園で姿を見かけている。

わたしは課題のノートを閉じ、日焼け止めをたっぷり塗って紫外線対策として深めの帽子を被った。

んー、ちょっと不審者感出てるけどいっか。

あの公園の存在を知っている、と五十嵐くんか
聞いた以来、公園へ行く時は身だしなみのチェックをするようになった。会うかもしれない、という期待をこめて。


ジリジリと刺激してくる日差しにうんざりしながら歩くこと数十分…。

あれ?空くんいない。今日は来ないのかな。

珍しく空くんの姿がない。