チャラチャラした男の子は苦手


絶対に関わらない。


そう思っていたのに───。


なぜか学校のミス候補に選ばれてしまって?!


「優勝目指して頑張ろうね、美乃里ちゃん」


まさか、こんなことになるなんて。


*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。


月本 美乃里(ツキモト ミノリ)
目立つことが苦手な美少女

×

水牧 果歩(ミズマキ カホ)
学校一のチャラモテ男子


*゜・*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*


無理無理無理無理絶対イヤ。


よりによって彼となんて────。


「俺の顔に泥塗ったら許さないから」


きらい。


「やっぱり、美乃里ちゃんだと興奮しないみたい」


だいっきらい。


なのに───。


「じっとしてないと触っちゃうかもよー」


からかわれて、かき乱されて、


バカみたい。


「からかってねぇよ」


「柄にもなく、大真面目」


うそだ。


絶対に、騙されないんだから。


「俺も嘘だって思いたいけどさ」


そんな目して言わないでよ。


「美乃里ちゃんといると、ここ、ずっとうるせーの」


手のひらから伝わったその音が、ズルすぎて。


「なるよ、俺が。美乃里の王子さまに」







素敵すぎるタイトルは、雨ちゃんから頂きました(T ^ T)♡

この作品のキーワード
溺愛  胸キュン  ドキドキ  甘々  高校生  正反対  独占欲