「はる?もう、9時だよ?起きよっか?」
「う〜ん…?!なんでふゆくんがいるの?」
「なんでって昨日お泊りしたのに!覚えてないの?はるの寝顔可愛かったよ?」
「やめて~!寝顔とか、口空いてたかもしれないのに!」恥ずかしい ⁉
色々準備して、お家に帰った。
「昨日と今日は、ありがとう。」
「おう!こちらこそな!また明日な!」
「あのさ、ふ、ふゆくん……」勇気を出して!
「ん?」
「だ、だいすき」そう言って扉を開けて入った。
「おいっ!不意打ちはなしだろ?俺も、大好きだ!いつか、必ず目の前で言うからな?覚悟しとけよ?はる?」とはるがいなくなった扉の前で言った。
このときは、はるに起こる事がまだ予想ができてなかった。