時は天保、徳川将軍の治める御代。
花街、吉原屈指の大見世妓楼『鈴屋』のお抱え女郎花魁、陽炎。

「男嫌い」の陽炎は、どの客とも長く関係を続けようとせず、馴染みを作らないことで知られていた。
そんなある日、宴会の席に変わった男────一色八千代が現れる。

酒の席で退屈そうにする八千代を見て不審に思う陽炎。
偶然酒に酔った客に絡まれたところを八千代に助けられ、八千代に対し徐々に興味を抱いてゆく。

そんなある日、八千代から指名が入った。
驚く陽炎に、八千代はある提案を持ちかけた。

【参考文献】 図説 吉原事典 永井義雄男 朝日新聞出版
江戸を賑わした色街文化と遊女の歴史 監修安藤優一郎
吉原はスゴイ 堀口茉す純
絵で見る江戸の女子図鑑 廣済堂出版
三大遊郭 堀江宏樹

2020.10.4 連載開始
2021.5.8  完結

あらすじ

時は天保、徳川将軍の治める御代。
花街、吉原屈指の大見世妓楼『鈴屋』のお抱え女郎花魁、陽炎。
「男嫌い」の陽炎は、どの客とも長く関係を続けようとせず、馴染みを作らないことで知られていた。

そんなある日、宴会の席に変わった男が現れる。
酒の席で退屈そうにする男を見て不審に思う陽炎。
偶然酒に酔った客に絡まれたところを男に助けられ、男に対し徐々に興味を抱いてゆく。

この作品のキーワード
花魁  吉原遊廓  江戸時代  歴史  恋愛  悲恋