霧咲紅(くれない)は幼い頃両親が失踪し、祖母に大切に育てられた。

平凡な毎日を送っていた紅だったが、ある日祖母が他界し、ついに天涯孤独の身となってしまう。

だが、16歳を迎えた誕生日、学校帰りに不思議な言葉を口走る男達に襲われる。

逃げる最中偶然助けてくれた人物は紅と同じ高校に通う月城朔夜という青年だった。

朔夜に助けられた紅は彼の自宅に連れて行かれるが、朔夜は先ほど襲った男達が吸血鬼であることと、紅が特別な血を持つ「真紅の血族」なのだと説明した。

そして、自分も、彼らと同じ吸血鬼だと────。

※この小説はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。
※*表記のお話には一部流血・暴力表現があります。苦手な方はご遠慮ください。

この作品のキーワード
吸血鬼  恋愛  現代  ファンタジー  切ない