「誕生日おぼえてない、ってさ! おぼえてないってさ!? ありえる!? 付き合ってる相手のよ!? 『うっかり忘れた』とかじゃなくそもそもちゃんとおぼえてくれてなかった、とか…………あーもームカつくー! しかも二年連続よ!? 二年連続スルー! ありえないでしょっ!? ねえっ!」


「あーうん、そうねー、ありえないわねえ」


 怒りに打ち震える私の目の前で、友人であり同僚である孝美(たかみ)は慣れた風情で雑誌のページを繰っている。


 休日の昼下がり。

 いつもの喫茶店でいつものホットチョコレート。

 貴重な癒しのシチュエーション……であるはずなのに、なんだか今日は怒りでチョコ味まで微妙に感じる。


 なぜだろう?
 香りはこんなにいいのに。