「真剣に……」

「俺は冗談でそんなことを言ってる訳じゃない。……本気で、そう言ってる」

 そう言われたその目は、真剣そのもので、目を逸らせなかった。

「な、な、なんで……?」

 い、意味が分からない!突然そんな……!

「久しぶりに光莉と会って、あの時の気持ちが溢れた」

「……え?」

「頭の片隅にこの10年間、ずっと光莉のことが焼き付いていた。……離れなかった」

 その言葉は、わたしの心にも刺さった。

「……篠原、くん?」

「光莉、プロポーズの答え、ゆっくり考えて」

「……あ、うん」

 そんなことを言われたら、普通は戸惑うに決まってる。だってそんな、いきなりだし。
 
 その後食べたオムライスの味なんて、全く分からなかった。ただ頭の中には、さっきの言葉ばかりが浮かんでしまって……。オムライスを食べていても、彼の顔を見ることもできずに来た。

「じゃあ、また連絡する。 おやすみ」

「……おやすみ、なさい」

 その日、わたしは10年ぶりに再会した人に、いきなり求婚されました。