「光莉さん、結婚したら、この仕事辞めちゃうんですか……?」

 と聞かれたわたしは「結婚しても、この仕事は続けます。この仕事が大好きだから、辞めません」と答えた。

「良かった……。わたしまだ、光莉さんから教わりたいこと、たくさんあるから」

「いやいや。辞めるつもりは、もともとなかったよ。結婚してもこの仕事を続けることは、すでに相手にも伝えて了承をいただきましたので、大丈夫です」

 篠原くんはそれでもいいと言ってくれたから。だからこうして、わたしは仕事も続けられる。

「秋山、結婚しても、お前は店長補佐だ。それは変わらないぞ」

 店長からのその力強さのある言葉は、とても嬉しかった。

「……ありがとうございます。わたし、結婚しても頑張ります。お客様のために」

「期待してるぞ、秋山」

「はい」

 結婚してもなお、わたしはこの仕事に就けることを誇りに思う。

「では、わたしからの報告は以上になります。入籍は今週中を予定していますが、これからも秋山光莉として、よろしくお願いします」と言うと「よろしくお願いします」と返事が返ってきた。