「あんッ……ふぅうん……はぁ……やんッ!」

 それらの動きと連動して、窪塚が一心不乱に絶えることなく、巧みな腰遣いでナカの弱いポイントばかりを激しく攻めてきて。

 尚も猛りに猛った自身で凄まじい速さで抽挿を繰り出されてしまっては、迫りくるなんとも甘やかで強烈な快感に抗おうにも抗いようがなかった。

 どれくらいの間そうされていただろうか……。

 薄れゆく意識のなかで、いよいよ絶頂が近いのか獣の放つ咆哮のような呻き声を放った窪塚が最後の力を振り絞るようにして怒濤の抽挿を繰り出してきて。

 頭の片隅で、ようやくこの逃げ場のない凄まじい快楽から解放されるんだと溢れかえった涙の雫を零しながらにホッとする間もなく。

 あたかも熱に浮かされたように幾度も幾度も私の名前を窪塚に呼び捨てで呼ばれ。

「んぁ……くぅ、ふうぅ……りんっ、りんッ……り、ん……ッ」

 たちまち、私の身も心も凄まじい愉悦に見舞われて。

「イ……くっ、いっ、あッ、ひゃッ、んん~~っ!?」
「……っ、くぅ、あぁッ!」

 すぐに絶頂を迎えてしまった私の後を追うようにして、ほぼ同時に絶頂を迎えたらしい窪塚が熱い精を激しく迸らせる感覚を、薄い皮膜越しに感じながら、窪塚のぶるぶると打ち震える身体に強い力でぎゅうぎゅうに抱き込まれ。

 まだまだ物足りないとばかりに、熱烈なキスの嵐を繰り出してきた窪塚の巧みな舌遣いに、身も心もすべてを余すことなくとろっとろに蕩かされ、なんとも甘やかな夢心地のなか私は意識を手放してしまっていた。