「あっ、ヤッバ、もうこんな時間。いっくん待たせちゃう。鈴、ごめん。先帰るね」

「……あぁ、うん、気をつけてね」

「ありがと、じゃあね〜」

 彩とのやりとりの中で、窪塚のことで何やら気になる言葉が飛び出してきたものの、気づけばいつの間にかデートの待ち合わせの時間が迫っていたために、彩が慌ただしく帰り支度を始めてしまったことで、結局は聞けず終いとなってしまい。

 すっきりしないながらも、窪塚と表面上のカレカノになってからというもの、なんでもかんでも恋愛ごとに結びつけようとする彩の言動に、連日のように付き合わされていたもんだから、少々飽き飽きしていたこともあり、特に気にとめることもなく、彩がいなくなってすぐに私も更衣室を後にしたのだった。