運命があるとするなら、私にはどんな道があったのだろう。

耐えられる者にだけ、試練は与えられると言われるが…

そんなもの欲しくない。

私が欲しかったのは…あなたの愛。


※ 「あなたに伝えたかったこと」の続編です

※ 昭和から平成にかけて物語は続いています

あらすじ

母のみどりを亡くした後、由美は父の養女となった。

やがて医師となり、祖父の診療所で働きながら、

母親の違う義理の兄や姉とともに

父の経営する大きな病院での診療もこなしていた。


医者として働く事に誇りはあるが、家族の風当たりは強かった。

負けずに、独りで生きていく。

由美はそう決心していた。


かつて愛した人に再会するまでは…。

この作品のキーワード
家族  恋人  妊娠  子ども  過去  すれ違い  誤解  再会