「健やかなるときも、病めるときも、お互いを愛し、敬い、助け合い、命ある限り真心を尽くすことを誓いますか?」

「──はい、誓います」


 悠久のときを刻んだアンティークステンドグラスがきらめく、美しいチャペル。

 純白のウエディングドレスに身を包んだ私の心は、黒く淀んでいた。

 たった今、神父の問いに迷いなく答えたのは、これから私の夫になる男(ひと)だ。

 私がこの世で一番苦手で、できれば一生、関わり合いたくないと思っていた相手。


「それでは、誓いのキスを」


 だけど、ここまで来てしまったら、もう引き返せない。

 私はリハーサルどおりに足を動かすと、因縁の相手とも言える〝彼〟と正々堂々、向き合った。