「今度また、デートしましょう」
「いや、これ、デートじゃないですけど」
「デートですよ」

男はいつもの低い穏やかな……
耳に心地のいい声で笑う。

「最後にこんなことしたら、デートです」


―――声だけはいい男が囁く言葉は耳に毒だ。


------------------

白鳥時崇(31)白鳥ホールディングス・シラトリ副社長
兄弟構成:一人っ子
特技:やたらいい声を持つ
その声と優しい性格でだれにでも好かれる
×
鳳そら(25)鳳凰グループ・ホウオウ研究所事務員
兄弟構成:4兄弟の末っ子
特技:ピアノが得意で耳がいい
家族に愛されて育った女の子

-------------------
2021.5.18~ 連載開始
2021.6.2 完結

※※※※※※※※※※※※※※※※※

〈special thanks〉

godisdoraさま
感動的なレビューありがとうございます! 素敵すぎて作者が興奮してしまいます!
12章の白鳥さん目線も深くお楽しみいただけて嬉しいです。
愛情深い鳳家なのでどんどん人が集まってきていますね。
確かに海人は謎が多く残されていて妄想掻き立てられます(笑)またどこかで登場の機会を用意できたら……とも思っています。
最後までお付き合いいただき、素敵なレビューまで……本当にありがとうございました!

tomomocakeさま
すてきなレビューありがとうございます!最後までイッキにお楽しみいただけて嬉しいです!
そらちゃんは、ツンデレ末っ子キャラで書いてみました。
tomomocakeさまのお気に入りキャラに仲間入りできていたら幸いです♪
最後までお付き合いいただき、素敵なレビューまでいただいて、本当にありがとうございました!

※※※※※※※※※※※※※※※※※

この作品のキーワード
ラブコメ  副社長  結婚  婚約  純愛  運命  大人の恋  年の差  腹黒  過去