「      」



私の中で、うまれた言葉。


たった1度でも外に出してしまったら、
純粋な私たちには戻れないって、わかってた。

全てが、なくなるって。





……それでも。

きみを私で、埋めたかったの。




(きみのくるしみに、純粋なすきは無意味だ)


2021.05.18 -END-
2021.05.21 -加筆&修正-
2022.01.26 -UP-




目次

この作品のキーワード
家族  片想い  偏愛