仕舞われていたものが溢れ出していくように、次々と脳裏を埋め尽くしていく。

 喉を押さえ付けられ、耳元を嬲った総毛立つ舌の感触。

 必死で振り回した腕は簡単に捕まり、引きちぎるようにしてシャツのボタンが弾け飛んだ。


「嫌っ──」


 丁寧な手つきでトレーナーの裾から素肌に触れてきた彼の手を、気がつくと拒否するように引き剥がしていた。

 驚いたようにわずかに大きく開かれるアーモンド形の瞳。

 無意識の自分の行動にハッとしたけれど、それでも体の震えが止まらない。


「舞花……?」


 怖くなんてない。

 頭ではそうわかっているはずなのに、どうして……?


 消えてなくなっていた、心に深く刻まれた辛い記憶。

 その古傷に囚われたまま、私は大事にしてくれる彼の手も拒絶していた。