八月に入り、一日を通してエアコンが欠かせない季節となった。

 幼稚園は七月の下旬に夏休みへと突入し、夏季休暇中は預かり保育のみを行っている。

 共働き家庭や、急用などの場合に半日もしくは一日子どもを預けることができるのだ。

 利用する園児は、一日の人数平均三十人ほどのため、職員は当番制で出勤し、預かり保育をふたり一組で担当する。

 その他は順に夏季休暇を取得し、更に空いている職員は園に出勤し、普段できない雑用や新学期の準備をすすめる。

 八月のはじめの一週間、私は夏休み最後に行われる夕涼み会の準備を出勤して毎日進めていた。

 ペットボトルを使ったボーリングや、出てきたワニを叩くパニックゲームの作成だ。

 牛乳パックに緑色の画用紙を貼り付け、ワニを何匹も作った。