「千佳ちゃん!ともくん、いらっしゃーい!」

おばちゃんに迎えられ、家に入るといい匂いがしている。

このおばちゃんの料理にどれだけ助けられたか…

私は手土産を渡す。

「千佳ちゃん、気にしないでよ!お土産なんていらないからいつでも遊びに来て!」

「おばちゃん、いつもありがとう。」

「いいのよぉ。」

智也は久しぶりのおばちゃんにもじもじしている。

「智也、ばぁばだよ。ここはばぁばの家だよ。」

「ともくん、忘れちゃったの?おいでー。」

おばちゃんが手を伸ばすと智也はおばちゃんに抱きついた。

忘れるわけないよね。
週に2回は会ってたもの。

でも、もじもじするなんてなんか可愛い。

おばちゃんも久しぶりの智也に喜んでくれている。
抱っこしておばちゃんの家を回る。

「ともくん、今日はじぃじもいるのよ。わかるかなー?じぃじ。」

「じーーー」

「あら、上手。じぃじが言えるの?ばぁばも言ってみて。」

「ばーばー」

「ばぁば、泣いちゃいそうよ、嬉しくて。ばーって言ってくれるの?なんて可愛いのかしら。ねぇ、あなた。可愛いでしょう。」

「そうだなぁ。お前が言うのがよくわかるよ。千佳ちゃんの子供、可愛いなぁ。」

「でしょ。真帆が産まなくてもともくんがいるからいいわ。真帆には期待しない。」

「よかった。期待されてなくて。」

親子喧嘩が始まりそうだけど、ここのうちはいつもこんな感じ。
喧嘩するほど仲がいいっていうやつ。
私はこんな経験ないけど…羨ましいなって思う。 

「じーー」

「はいよ。」

手を伸ばす智也を抱き上げてくれ、膝の上にちょこんと乗る。

おじちゃんには初対面なのに智也は平気みたい。

おじちゃんにご飯まで食べさせてもらい、なんだか私もおばちゃんも真帆も不思議。

おじちゃんもこんなに懐かれるなんて思っても見なくて戸惑っているようだが私が代わろうとするが「ゆっくりご飯を食べなさい。」といい智也のお世話をしてくれた。

おばちゃんは智也を取られ残念そう。

ふふふ、智也は真帆の家族が大好きなのね。
ママと一緒だね。