翌日、アメリカに着いたよ、とメールがきた。

ほっと一安心したけれど、本当にいなくなったんだなぁと改めて実感してしまった。