みんなそれぞれ人には見せない顔をもって
それでも毎日生きている

弱音を吐いたって
立ち止まったって
時には逃げたりしたっていいのだと


きみが、教えてくれたんだ


だから、明日はまたきっと強くなれる


……


空想好きでちょっと地味
小学生の頃に性的暴行未遂に遭ったトラウマを持つ女子高生
白石実祈(シライシミノリ)

×

「いいひと」眼鏡
軽い自傷癖のある男子高校生
浅岡蒼太朗(アサオカソウタロウ)


2021.05.27. 連載開始

2021.06.07. 完結・公開

あらすじ

白石実祈は空想好きで、それを「ネタ帳」に書き留めている高校二年生。ところが同じクラスで「いい人」な浅岡蒼太朗に「ネタ帳」を偶然見られてしまう。しかし浅岡は実祈をバカにすることなく、むしろひょんなことから浅岡の秘密を知ってしまっても、交流を続ける実祈に浅岡は好意を持ち始める。文化祭の出し物でシンデレラの劇をすることになり、主役に選ばれた浅岡は「実祈ちゃんが脚本をするならやる」と言い出すが……?

この作品のキーワード
高校生  小説  恋愛    秘密  切ない  友情