「……あっ」


































































後ろから、声が聞こえた。






















それは小さなものだったけど、透明な響きを持っていて。

























ゆっくりと振り返ると、朝日にも負けないような、温かな笑みが迎えた。







































































「都生。おはよう!」













「ほ、まれ……」














































久しぶりに見た彼女の姿は、俺の涙腺を緩ませるには、十分すぎるほどで。