髪の毛をそっと払い、穂希の顔をそっと覗き込む。
















「どうした、穂希。どっか痛い?」















「んん……ち、がう……」
















途切れ途切れな穂希の言葉に耳を澄ましていると、穂希はゆっくりと顔を上げた。















その瞳は涙で潤んでいたけど、口元は弧を描いていて。
















「痛いとか、そんなのじゃなくて……自分でも、最近情緒不安定過ぎって、思うんだけど……うれしくて」
















「っ……」
















その笑顔は稀に見る『本物』で、俺は軽く目を見開いた。
















………言うのは恥ずかしかったけど、少しでも穂希の不安を取り除けたなら、結果オーライかもしれない。















穂希はしばらくの間、瞳からとめどなくこぼれ落ちる涙を両手で抑え、声を押し殺して泣いていた。