だけど、俺になら話してくれるんじゃないかって、少しでも支えになれるんじゃないかって。














少し期待してしまっていた。















きっと穂希にとって俺は、その程度の関係だったんだろう。
















俺はなんとなく気の抜けた気持ちになって、天井を仰ぐ。
















穂希はいつの間にか俺の助けを必要としなくなっていくんだろう。
















だとしたら、穂希の邪魔をしているのは俺じゃないか。















本当は俺が穂希と一緒にいたくて、わがままで穂希を振り回していたんじゃないのか。

















そんな考えが脳内をぐるぐると回って、俺は小さく息を吐く。























……本当に穂希の事を思うのなら、俺はもういない方がいいのかもしれない。