そんな俺の様子を見て、高田はふふと明るく笑いかけてくる。

















「なんてね。穂希ちゃんが死んだのは自殺で、誰のせいでもない。そうだろう?」

















「っは……」
















「死んだ人の事なんて考えても、もう無駄だろう。……忘れるんだ。そうすれば楽になれるから」















「っ……」

















高田のその言葉に俺は……。































何も、言えなかった。