朝、玄関のドアを開けたとき、穂希がいないこと。















放課後、カバンを持って駆け寄ってくる穂希が、いないこと。



















そんな些細な違和感が日々募っていて。



















それを感じるたびに、穂希のk十を主出してしまう。






















……そんな俺が、本当に穂希の事を忘れることが出来るんだろうか。































……こんなにも、穂希の事を、思っているのに。



















忘れなければ、いけないのだろうか。



















自分にそう、問いかけて。
















唇を噛み締めた。