……穂希、待ってろよ。




















絶対に助けるから。
































穂希が死にたいと願っていても。
































助けるなんて、俺の自己満足でしかないとわかっていても。






































穂希のいない世界なんて、おれにとってはなんの意味もないのだと、気づいてしまったから。