その電話は突然だった。
樹のスマートフォンに、いきなり退社した江本郁子(えのもといくこ)から電話が入ったのだ。

「もしもし…」

『あ、ああ… 樹さん!
 ごめんなさい。ごめんなさい…。』
「江本か?」

『ああ…。』
「どうした? 泣いてるのか?」

『も、申し訳ありません。どうしたらいいのか…。』
「落ち着け、江本らしくないぞ。」

『彩夏さんが…行方不明で… もし、何かあったらと思うと…
 坊ちゃんがおひとりになってしまう…。』

江本から出た『彩夏』という名前に、樹は狼狽えた。

「彩夏がどうした? おい! 江本!」

江本の悲痛な叫びを残し、プツンと電話は切れてしまった。

「彩夏が…。」

いきなり社長室から大声が聞こえて驚いたのだろう、秘書の石川が顔を覗かせた。

「社長、何かございましたか?」

「彩夏が行方不明らしい…。」

「は? 離婚なさった奥様ですか?」


暫く沈黙した後、樹の行動は早かった。

「今、江本から電話があった。何処からの発信か確認してくれ。
 それから石川、祥を呼べ。」
「は、はい。」

江本の声の向こうから、真由美や美咲の泣いているような声も聞こえた。
森下牧場に江本はいるのだろうか。

「直ぐに、出掛ける。恐らく北海道だろう。
 一番早く、新千歳に行く便を押さえろ。」

「社長…ご存じありませんでしたか?今、あっちは台風の圏内です。
 大荒れで、飛行機は飛んでいません…。」

「くそっ。」
樹は思わず机を叩いた。

いきなり呼び出された祥が、何事かと社長室に飛んできた。
髪をボサボサにし、机を叩く兄の取り乱した姿に驚くと、
石川から事情を聞き出した。

「彩夏さんが…行方不明?」
「どういう事か、全然分からないんだ。」

祥は、兄の様子からただ事では無いと感じていた。

「石川君は、江本さんに何とか連絡取ってみて。
 僕は、北海道に行く方法を考える。」
「わかった!」

二人が協力して情報を集める中、樹は何とか森下牧場に行こうと考えていた。
じっとしていられない。
だが、指示を出した後は待つしかないのだ。

「俺は羽田に向かう。何かわかれば、直ぐ知らせてくれ。」