きっと周りから見たら何も変わらないいつもの七瀬胡桃だろう。


だけど、わたしの心は空っぽ。

葵くんを見る余裕も今はない。


初めて葵くんの部署の前を素通りした。

いつもなら一目でも葵くん見たさに足を止めたり、ゆっくり歩いたりしていたけど…


今日はそれができなかった。


デスクに着き準備をしていると小野ちゃんに話しかけられた。

「おはようございます!って、あれ?今日メガネですか?」


あ、そうだった。

夕べ泣きすぎて目が腫れ、コンタクトがうまく入らなかった。