別れよ。

胡桃先輩から言われた言葉が忘れられない。


そう言われた時、あまりにも急すぎて思考が停止した。

目の前の彼女が何を言っているのかわからなくなった。


ハッとした時にはもう胡桃先輩はいなかった。

呼んでも止まってくれなかった。


ブーブーブー…

さっきからポケットの中で揺れるスマホ。

相手が誰なのかは見なくてもわかる。


だけど、今は出る余裕なんてない。


昼休み、胡桃先輩の部署を覗くが姿が見えない。