その言葉を最後に葵くんからの愛を2.3度味わうことに…。

もうさすがに最後のほうは記憶がない。


「明日起きれるかな〜」

ボソッと隣から聞こえた声と共に目を閉じた。

今日はよく眠れそう。

葵くんが隣で寝てくれる夜はよく眠れる。

わたしの安定剤、そして睡眠剤だ。


夢の中に入る手前で軽く口づけをされたみたいだけど睡魔のほうが勝ってしまった。

だからそのキスは夢なのかな?って…。


どっちにしろ幸せに変わりはないからよし。