「七瀬先輩〜愚痴聞いてくださいよ!今日空いてたりしますか?」

「小野ちゃんから誘ってくるなんて珍しいね?嬉しい!いくらでも愚痴聞いてあげるよっ」


そう言ってくしゃっと笑う彼女から目が離せない。

笑うと幼くなるその笑顔が俺は好きだ。


なんなら俺だけに向けてほしい笑顔。


会社の無駄に広い食堂で同期の矢野と飯を食っていたところに1人の後輩を引き連れて姿を現した胡桃先輩。

愛しい俺の彼女。


「うひょ〜!今日の七瀬先輩も最高に可愛い〜あれこそまさに目の保養だわ」