逆に葵くんは嫌じゃないのかな?…


「仲直りのチャンスじゃないの?行くでしょ?」

琴音が顔を覗き込んでくる。

「…うーん…」

「なんで仲直りのチャンスを逃すの?このままだと自然消滅になるよ」

「自然消滅!?そんなの嫌!…」


それだけは嫌。

何が何でも仲直りしないと!


「もう真宮くんもいい大人なんだから気にしてないって。普通に話しかけてみたら?」

「…そう、だね!うん」


わたしだけがクヨクヨしているのかもしれない。