来た時と同じように柚瑠木(ゆるぎ)さんの運転で、彼の計画した次の目的地へと向かいます。
 私は先程のお店で買ったばかりの小さなキーホルダーを取り出すと、柚瑠木さんから彼のキーケースを出してもらいました。
 私は結婚当初、柚瑠木さんから白クマのマスコットの付いた鍵を渡されました。後でそのマスコットにはGPSが付いているのだと彼から謝られ、捨てて構わないと言われたんです。私は中のGPSは処分しましたがマスコットはそのまま変えませんでした。
 だってこの白クマのマスコットは私に勇気をくれ、柚瑠木さんをあの事件の場所まで連れてきてくれたのですから。
 私は柚瑠木さんのキーケースに先程買ったキーホルダーを付けようとしますが、車が揺れるのでなかなか上手くいきません。そんな私を見て柚瑠木さんが……

「もしかして、そのキーホルダーを僕のケースに?」

「私の選んだキーホルダーを、柚瑠木さんにもつけて欲しいんです。こんなお揃いは、嫌ですか……?」

 勝手な事をしないで欲しいと怒られるでしょうか? ですが、ちょっとだけでも妻としての自分の存在をアピールしたいなんて思ってしまう事だってあるんです。
 柚瑠木さんはきっと職場でもその他の場所でも、周りの女性が放っておくわけがない魅力的な人だから。

「つけていいに決まってます、僕のために貴女が選んでくれたものだから」