「桔梗…」
「お願い…天聖さん。
もう…帰りましょ?」
桔梗は天聖の腕を掴み、懇願した。

「あ…そうだね。
桔梗にこんなとこ見せるべきじゃないね……」
そう言って、天聖は男の首を持ったまま横に振り払うように地面に叩きつけた。

「増見」
「はい」
増見に耳打ちする、天聖。
「………わかりました」
増見が天聖に一礼する。
「桔梗、帰ろ」
「はい」
そして天聖は微笑んで桔梗を車の方に促し、二人は車に乗り込んだ。

車に乗り込んでからも、桔梗は震えが止まらない。
天聖に包み込まれるように、抱き締められた。
「もう大丈夫だよ。大丈夫…大丈夫…」
ゆっくり背中をさすりながら、語りかけるように言った。

「天聖さん」
「ん?」
桔梗は天聖に向き直り、目を見た。
「これが天聖さんのいる世界なんですよね……」
「うん、そうだね」
「お父様の言ってた意味がわかりました。
過酷な世界で、私には無理だって。
それに……」
桔梗は先程の買ったプレゼントを取り出した。

「天聖さん、こんな時におかしいけどこれ受け取って下さい」
「え?これ……」
「ネックレスのお礼です」
「桔梗が傍にいてくれたら何も望まないって言ったのに……
フフ…でも、嬉しい!ありがとう!」
微笑み、頭を撫でる天聖。
そして嬉しそうに、プレゼントを眺めていた。

「…………これを買ったショップで、言われたんです。
天聖さんは“魔王”だって」
「そう…余計なこと言うよね…みんな」
「天聖さん、私……」

「まさか、放れるなんて言わないよね……?」