看護師である私は、新しく赴任した先で担当になった患者の女性から、ある日、
「あなたは自分をロマンチストだと思う?」と問われた。


夫に先立たれ、子供もおらず、独り身のうえ、
余命宣告まで受けていた彼女の気分が少しでも晴れるならばと、
話に付き合って差し上げることにした私だったが、
彼女から聞かされる話は常識ではあり得ないようなものばかりで………


けれど、やがてそれは、一夜限りの奇跡へといざなうのだった。





この作品は他サイトにも掲載しています。



この作品のキーワード
高校生  結婚  人生  家族  孤独  思い出  別れ  約束  秘密  不思議