君がもっと笑うため、僕は玉乗りでもジャグリングでも何でもするんだ。

君の涙を笑顔に変えるため、僕は君の目の前で踊ってみせる。

舞台から降りるまで、僕はおどけたピエロだ。でも、舞台を降りればただの人間に戻ってしまう。

でもね、ピエロの僕も、人間の僕も、君のことが好きなんだ。







目次

この作品のキーワード
サーカス  ピエロ  観客  初恋  甘酸っぱい  笑顔