「恵美、ただいま…」

「お帰りなさい。健斗、大変だったね…お疲れ様でした。」


健斗が出張から戻ってきた。
たった2週間の出張なのに、健斗に会うのが新鮮に思える。

健斗は出迎えた私を強い力で抱き締めてくれた。


「健斗…嬉しいけど…痛いよ…」

「このまま壊してしまいたいほど…会いたかった。」

「健斗…」

健斗はそっと腕をほどくと、何かを鞄から取り出した。
小さな小箱に赤い大きなリボンがついている。

「恵美、本当はクリスマスに渡そうと思っていたけど…待てないから…開けてみて。」

私は健斗に言われた通り、リボンをほどいた。
中から白くて可愛い小箱が出てきた。

「恵美…開けてみて…」

そっと箱を開けると…
キラキラと光を放つ石の指輪が出てきた。

「健斗…これ…これは…」

健斗はその指輪を取り出し、私の薬指にゆっくり差し込み微笑む。


「恵美…俺と結婚してくれるか?」


「ありがとう…健斗…嬉しい…」

私は突然のことに涙が溢れてきた…
健斗の温かい腕に抱かれて最高の幸せだ。



なのに…

胸がズキッっとする…

こんなときに…

なぜ…



「恵美…愛してる…」

健斗の熱い口づけ…
私の奥深くまで注がれる、健斗の愛情のようだった…


私は何故か健斗から唇を離した。


「…恵美…?どうしたの…」

「ごめんね…健斗…今日はちょっと貧血で体調良くないの…」

「…そう…ごめん俺も…やり過ぎたね…」

寂しそうな表情の健斗に胸が締め付けられる。


(…ごめんね…健斗…)