「残念、目が覚めた?」


クスリと婚約者が甘い声を漏らす。

我に返り、慌ててシーツを引き上げる私の頬を優しく撫でる。


「やっぱり可愛い」


「可愛く、ない……!」


なんでこの人は寝起きなのに寝ぐせひとつなく完璧な容貌なの? 


しかも無駄に色気がありすぎる。

私なんて昨夜はお風呂に入っていたので、ほぼすっぴんだし、寝ぐせも酷いはず。

女子として心の底から居たたまれない。

シーツの中に必死で潜り込もうとする私を、長い腕がやんわりと阻止する。


「可愛いよ。俺にとって藍は世界一可愛い」


「なに、言って……」


甘すぎる台詞と駄々洩れの色香に充てられる。


なんで急にそんな甘い言葉を口にするの? 


今までの素っ気ない態度はいったいどこへいったの?


感情の機微に敏い彼は私の心の葛藤に気づいたのか、眉尻を下げて話す。


「今まではお前との距離を保つためにわざと素っ気なくしてた」


「え……?」


「少しでも触れてしまったら平静を保てる自信がなかったから」


甘く衝撃的な告白に呼吸が止まりそうになった。


「嫌われているとわかっていても、この胸に藍を抱きしめて、思う存分甘やかしたいって心の奥底でずっと願っていた」


真摯な目が真っ直ぐに私を射抜く。

ドクンと鼓動がひとつ大きな音を立てた。