後々分かったが、ユウちゃんのお兄さんは中学生で、かなりの問題児だったようだし、お父さんは、働いていないとか、ヤクザだとか、人を殺しているとか、いろいろ不確かな悪いうわさの立っている人だった。

 一度だけユウちゃんの家に行ったことがある。3人家族なのに部屋が2つしかなくて、お風呂もないって言っていた。
 部屋の片隅に洗面器やお鍋が置いてあって、少しずつ水がたまっていたので、どうしてかなと思って聞いたら、
「あ、水捨てなきゃ。昨日雨降ったからな」
 って言われた。
「雨?」
「天井から水が落ちてくるんだ。屋根のどっかに穴が開いてて、そっから雨が入ってきちゃうって兄ちゃんが言ってた」

 私の家にも1カ所、そういうふうになる部屋があったけれど、雨が降ると入らせてもらえない。
 おうちの中で雨が降ってくるなんて、ちょっと楽しそうって思っていたけど、「早く直してよ」って、おばあちゃんがお父さんやおじいちゃんにガミガ言っていた。
「いろんな音がして、結構面白いぞ」
「ふうん…」
 ユウちゃんと一緒にいると、それまで聞いたことがないような話を聞き、経験をした。