高校卒業後、私とミズキは地元の国立大、ナツコは都会の有名私立大に進学した。
 裕福な良家の子弟が多いと評判の学校なので、せいぜい上玉とっつかまえなくちゃと張り切って上京したのが実にナツコらしい。「結婚披露宴のごちそう、期待しているよ」とだけ言って送り出した。