仕事仕様の『吉木美織』は判をついたように、毎日同じ。


『不愛想で可愛げがない』

みんなにそう言われていることは知っているけど、全然結構。むしろ大歓迎。

仕事に愛想や可愛げを持ち込むことほど、危険なことはないのだから。


トラウマを抱えた女 
吉木美織

×

トラウマを抱えた女を助けたい男
倉木大


「ずっとそうやって笑ってろ。お前には、その笑顔が似合ってる」

「他の人に目を向けないで。私だけを愛してくれますか?」


* * *

『若女将の見初められ婚』に登場する吉木姉さんと倉木大のお話です。
前作を読んでいなくてもわかる内容になっています。


この作品のキーワード
百貨店  副社長  御曹司  トラウマ  無愛想  オフィスラブ  京都