新婚旅行は九州に行った。
 九州を旅行することじたいは別にいいんだけど、高校の修学旅行は沖縄だったし、大学の卒業旅行はハワイだったので、それよりも近距離って思うと、ちょっとなあって感じ。
 でも、「君1年しか働いてなくて、貯金もほとんどないじゃない?お金は全部僕の方でもつんだよ?文句を言えた義理かな?」 という正論で、不満を封じられた。
 あと「ハネムーンはどこに行くかじゃなくて、愛する人と2人だけっていうのが醍醐味なんだよ」とも言った

**********

 1泊目だけは大きな町のビジネスホテルに泊まり、あとは彼の親戚の家3軒に1泊ずつした。
 ビジホってのがまた微妙だけど、2人きりだし、抱きしめられて、
「君を手に入れるまで、本当に苦労したなあ」
 ってしみじみ言われ、まんざらでもなかった。
 その後の言葉がなければ、さらによかったんだけど…。

「邪魔なやつが多過ぎて、本当に苦労した」
「邪魔?」
「高校時代いたじゃない。脳筋バカとか、陰気なガリ勉とか、ヤンキーとか」
「え…」
「いろいろ工作して、そいつらが君に近づかないように頑張ったんだよね。
 不登校と自主退学は大成功だったかな。
 脳筋も君に絡んでこなくなったみたいだし、結果は上々だよね」
「冗談…だよね?」
 探るように聞いたら、一瞬の間の後、
「もちろん冗談だよ。そんな卑怯なこと、するわけないじゃない?」
 って言いながらキスしてくれたので、(そんな卑怯なこと?工作?)って少し気になったけど、彼を信じることにした。

「僕はね、一度手にしたものは絶対に手放さない主義なんだ」
 こういう言葉も、新婚だし当たり前のことだろうと思っていた。