夫は朝は必ず食前にコーヒー、そして食後に日本茶を1杯飲む。
 いわゆるルーティンだが、もちろんそのどちらも私が淹れる。

「食前のコーヒーは血糖値を抑える」
「食後の緑茶は(略)」

 この情報をバラバラにネットで入手したらしい。
 見た目にこだわる彼は、血糖値が高い=醜いデブという思い込みがあるようで、この手の情報のチェックに余念がない。

 体に気を遣うのは結構だが、彼はまだ若いし、健康診断の結果にも問題はない。
 私の不手際でこのルーティンが少しでも崩れると、ひどくイラついて機嫌が悪くなるので、そういう精神状態の方が、よほど健康に悪いのではないだろうかと思う。

 ちなみに、そのようにしてくれと頼まれたのは、今から2カ月ほど前だったろうか。また何か読みかじったかと思いつつ、
「当たり前の食生活をして、よく眠って、適度に運動して、じゃ駄目なの?」
 と軽い気持ちで言ったら、びっくりするほど言い返された。

医者でもない君に何が分かる?▼自分が怠けたいからそんなことを言うのか?▼夫のためにコーヒーや茶を淹れるぐらいがそんなに手間か?▼そもそも健康診断の結果がいいのは、このルーティンのおかげなのに、理論的に破綻している

 くらいは人様に聞かせても問題のない「言い分」だが、この後はただの罵詈雑言だった。
 このときは口だけで済んだが、本当に機嫌が悪いと手も出るので、平身低頭謝った。
 ちなみに、今年の健康診断はこれからなので、ルーティンとの因果関係まではまだ分からない。