「俺はお節介か?」「あんたのお節介、嫌いじゃないよ」

あらすじ

朱夏学院中等部。

3年生の十三沢学は部活中にけがを負い、意気消沈したままバドミントン部を退部する。

その後図書室通いを始めるが、司書の松喜から、図書室の常連・原口友香の忘れ物を彼女に渡すように頼まれる。A5サイズの日記帳のようなノートで、松喜からは「中を読まないように」と釘をさされたが、好奇心からつい開いてしまう学。
そこに書かれていたのは、痛々しい原口の心の叫びの数々だった。

この作品のキーワード
恋愛未満  秘密