夫・魁聖との出逢いは、彼の姉・聖子の紹介。

魁聖は、俗に言う犬系男子でとても可愛らしく、人懐っこい印象をうける男性だった。

弟が欲しかった彩羽にとって、魁聖はまさに好きなタイプその物だった。
魁聖にとって彩羽も、聖子と遊んだり、食事をしている姿を度々見かけていて、好意をもっていた。

二人はすぐに意気投合し、それから一か月後に恋人同士になった。

それから更に三ヶ月の間に、彩羽の周りで色んな不幸が訪れたのだ。

両親が不慮の事故で亡くなり、聖子以外の友人は何故か彩羽から去ったいった。
彼氏を誘惑しただの、彩羽が裏で変な噂を流したせいで会社に居づらくなっただの。
あらぬ疑いをかけてきたのだ。

挙げ句の果てには、会社の社員の縮小とかでリストラにあい、もう……彩羽はぼろぼろだった。

それをずっと傍で支え見守ってくれたのが、他でもなく魁聖だった。



もう信じられるのは、魁聖しかいなくなっていたのだ。


そして二人は、結婚し夫婦になった。



しかしこの残酷な行為は、全て━━━━━

この可愛らしい魁聖が、彩羽を永遠に自分だけのモノにして囲う為に行ったこと。




彩羽は魁聖の狂った深すぎる愛情と恐ろしさを全くわかっていなかったのだ━━━━