今回のお話しは、僕が幼少期のお話しです。ほんとに最高の親父なので、みなさんに知ってもらいたく書く事にしました。


一つ目の作品『翔の生きる道』での決断は親父からの教えと言っても過言ではありません。短編だと思いますがお願いします。